Mazurkaの英語よもやま話

地方出身で英語が専門でもなかった私ですが、現在TOEIC970点。40代に入っても少しずつTOEICスコアをアップしていけている理由。あんまり頑張りすぎない試行錯誤ぶりをご紹介します。

英語多読 海外の古本屋さん Better World Books

f:id:Mazurka:20200318184738j:plain
以前に英語多読時の費用について一度書きましたが、本日は最近私がお世話になっている、海外の古本屋さん、Better World Booksについて、書きたいと思います。

 

www.betterworldbooks.com

Better World Booksのここがすごい

1. 安く買える

やっぱりここは重要ですよね。ざっくりですが新刊本の半額位のイメージでしょうか(セール利用の場合)。

 2.寄付したことになる

古本屋さん、と書きましたが、こちら世界の非識字者の識字能力向上サポートを目的とした団体なのです。1冊私たちが本を購入するごとに、必要とされている方に1冊本が寄付されることになっています。欲しい本が手に入って、なおかつ世界のどこかの、本が欲しい方のお役に立てる、なんて素敵じゃありませんか?

それじゃなくても、積読本が増えているマズルカなのですが、購入ボタンぽちっに拍車がかかってしまいました。。

3.送料が無料!

1ともつながりますが、なんと国際送料なのに無料なんです。ただ、安いルートを使うようで途中でのステイタスチェックなどはできません。気長に待ちましょう。

ちょっとしたデメリット

1.到着時期が読めない

送料が無料と思えば仕方ないですよね。

20日くらいかかるかも、と最初に言われましたが、最近のオーダー時は12日ほどで届きました。でもネットなどで拝見しているともっと時間がかかったケースもあるようです。

2.本のコンディションが悪いことが

図書館の型落ち本など、寄付されたものが中心のようです。そのため日本の古本屋さんのような美本は望めません。読めればいい!という広い気持ちで。。あ、きれいなものももちろんあります!

マズルカのところに届いた本も、こんなかんじ。図書館シールやハンコが押してあったり、日焼けや破れがあったり。でも読むには全く問題ありませんでした。

 

f:id:Mazurka:20200318183358j:plain

気を付けたほうがよい点

本の写真をクリックすると、詳細のページの下のほうにAll Available Copiesという項目があります。ここに本の状態(condition)の説明とともに、Sourceという欄があります。

これはどこに在庫があるか(どこから発送されるか)を示しています。できるだけ同じところの在庫を選ぶことをお勧めいたします。というのもマズルカ、最初頼んだ時はこれを理解しておらず、結果3か所から発送、ということになったのですが、到着のタイミングもばらばらになり、結局1か所からの荷物が、薄い本2冊だけだったのですが、行方不明になってしまったのです(メールで問い合わせたところ、とても丁寧に対応してくださり、結局届かなかった本の代金は返金してくださることになりました)。

以降できるだけ1か所からの発送になるようオーダーしたところ、このような問題は発生していません。

 

ちなみに、結構な割合でディスカウントやっています。チェックしてみてください。

また、同じ本でもクオリティの違いによって価格が違ったりしますので、コンディションが気にならない方はじっくりリストを見てお安いものを探すこともできます。

 

 その他、英語多読の費用について関心がある方は以下をどうぞ。

mazurka.hatenablog.jp