Mazurkaの英語よもやま話

地方出身で英語が専門でもなかった私ですが、現在TOEIC970点。40代に入っても少しずつTOEICスコアをアップしていけている理由。あんまり頑張りすぎない試行錯誤ぶりをご紹介します。

絵本

英語多読 絵の素敵な絵本 その3

ちょっと久しぶりなのですが、絵本のご紹介。日本語の本もそうですが、英語の本にも大人でも楽しめる素敵な絵本が沢山あります。大好きな作家さんの絵本を中心に今回もいくつかご紹介いたします。 Life Doesn't Frighten Me YL1.5程度 マヤ・アンジェロウの…

英語多読 すこしレベルアップしたいときの児童書 その4

なんとなく一つの壁かな、という気がして時々YL4程度の英語本をご紹介しておりますが、今回もまたいくつかご案内させていただきたいと思います。 Operation Bunny YL4程度 みなしごが嫌なお家にもらわれてこき使われ、隣の理解者も死んでしまって、と児童書…

英語多読 “死”について考える絵本を読む

久しぶりに制限のないお盆ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。 お盆はご先祖様が帰ってこられる期間、ということもあって”死ぬこと、生きること“について考えることが多くなります。意外にこういったある種ハードな?テーマを扱っている優れた絵本って内…

英語多読 英語絵本で世の中について学ぼう

もともと絵本が好きでよく読みますが、こんなテーマについても絵本や児童書で英語圏のお子さんは学んでいるんだなあ、と感じることが多々あります。今回はそんな、ちょっと世の中を学べる本をテーマに選んでみました。 What Is the World Made Of?: All Abou…

おすすめ英語多読書 大人もはまる児童書 その7 Neil Gaiman

これまでも折に触れてご紹介してまいりました、アメコミの作者としても有名なGaimanさん作品。今日は改めて、まとめてご紹介してみたい!ということで。といいますのも、並べてみると、あれ、これGaimanさんのだっけ?という作品もあったりして、ますます彼…

おすすめ英語多読書 大人もはまる児童書 その6 最近読んだお薦め本

相変わらずYLレベルにこだわらず、気になった本をいろいろ読んでいるマズルカなのですが、本日は比較的最近手にした児童書で大人の方も楽しめそう!というものをいくつかご紹介したいと思います。 Clockwork YL3.5程度 なんとなく手に取って、大正解。それも…

英語多読 すこしレベルアップしたいときの児童書 その2 児童書の古典的名作を読もう

以前Magic Tree Houseシリーズなどから少しレベルアップしたいときに読みたい本、つまりYL4あたりの本についてご紹介いたしましたが、やっぱり多読を続けるにはこのあたりの本、面白い本をたくさん知りたいなあ、というのが自分の実感でしたので、引き続き…

英語多読 クリスマスに読む本 その2

気づけばもうすぐ年の瀬、その前にクリスマスがやってきますね。クリスマスはかわいい絵本も多く、素敵な物語も満載で、英語多読向きシーズンの気がします。以前もこのテーマを取り上げたことがありますが、またご紹介したい絵本、物語がいくつか出てきまし…

英語多読 読んで楽しい、学んで役に立つ?世界の昔話

以前短編は多読向き、というお話をさせていただきましたが、短編の中でも昔話はとっても向いているなあ、というのが今日のお話です。 昔話って短くてもちゃんと起承転結があって、親しみ深いものが多いですし、シンプルで子供でも理解しやすいストーリーが多…

英語多読 大人こそ楽しめる童話その3 シンデレラ

告白しますが、最近昔話のパロディにはまってしまっています。オリジナルが理解できてこそのパロディですから、それだけ昔話は世界共通の基礎知識、土壌とも言えますね。そして絵本であっても、子供よりもオリジナルをたくさん知っている、大人向け、といえ…

おすすめ英語多読書 大人もはまる児童書 その5 Tomie dePaola

これまでCynthia RylantやMaurice Sendakなど大好きな作家さんの作品をご紹介してきましたが、今回はTomie dePaolaをご紹介したいと思います。絵が本当に独特で、素敵なんです。鮮やかでクリアでいて、かつほんわか、というか。説明、難しいですね。でも表紙…

英語多読 大人こそ楽しめる童話その2 三匹のコブタのパロディ

突然ですが、皆さんNHK Eテレの「昔話法廷」という番組をご存じでしょうか。昔話の登場人物たちを現在の法律で裁く、というちょっと変わった着眼点の番組です。残念ながらマズルカは番組に間に合わず、後から本で読んだのですが、このシリーズに、三匹の子豚…

面白くて楽しい辞書

多読のルールの一つに、「辞書をひかない」というのがありますが、全然ひかないと、なかなか語彙が増えないのでは、などという悩みも同時にかかえてしまいます。 そこで今日は、ちょっと視点を変えて、楽しくて読んじゃうような辞書、を取り上げてみたいと思…

英語多読 イースターに読む本

もうすぐイースターですね。日本ではまだまだ、クリスマスのような認知度はないイースターですが、キリスト教圏ではとても大事なイベント。イースターに関する英語の本もたくさん出版されていますね。そんな中からいくつか今日はご紹介できればと思います。 …

英語多読で世界の旅

コロナでお出かけもままならぬ毎日。気軽に旅行に出かけられることがいかに貴重なことだったか、今さらながらに気づかされました。実際の旅行はまだ先になりそうですが、まずは読書で疑似体験いたしませんか。英語で読めば、一石二鳥です。 We're Going on a…

英語多読 Library〔図書館〕が舞台の本

ステイホームの年末年始、多読にいそしもうと計画中のマズルカです。とはいえ気が付くとあっという間に過ぎ去ってしまうお休み。。油断大敵ですね。 今回はちょっと趣向を変えて、Library(図書館)が舞台の作品をご紹介しようと思います。図書館ってそこに…

英語多読 ハロウィーンに読む本

今日はハロウィーンですね。いつものようにみんなで集まって、というのは難しい今年のハロウィーンですが、おうちでハロウィーン本や、ハロウィーン向けの怖い本!を手に取ってみる、なんてのも今年の過ごし方としてはすてきかもしれません。何冊かご紹介い…

英語多読 おじいちゃん、おばあちゃんが主人公の本

先日は敬老の日でしたね。今回はおじいちゃん、おばあちゃんが主人公もしくはキーパーソンとなる本をご紹介したいと思います。 The Treasure YL1.5程度 Dawnで有名なUri Shulevitz作品。夢のお告げで宝物を探しに旅をする男の物語。絵がとてもすてきです。コ…

英語多読 8月に読む戦争の絵本

今日は長崎の原爆記念日です。 子供の頃8月になると戦争に関する本を読むことにしていました。戦争体験を持つ方は少なくなってきましたが、本を読むことにより私たちはその方たちの大変な体験を通し、平和の大切さについて学ぶことができます。また英語で戦…

英語多読 絵の素敵な絵本 その2

以前にも一度ご紹介しましたが、絵が素敵な大人でも楽しめる本は、多読初期を本当に助けてくれる存在です。多読のため、とはいえ大人が子供っぽい絵やストーリーの本を大量に読むのはキツイですから。その点今日ご紹介する本は大人の皆さんこそ楽しめる、と…

英語多読 イヌが活躍する本

やっと緊急事態宣言が解除されましたね。マズルカも、急に活動再開、ではなく、少しずつNew Normalに慣れていきたいと思います。皆さんもお気をつけてお過ごしくださいね。 ネコの本をご紹介したら、イヌの本をご紹介しないわけにはいきません。ということで…

英語多読 ネコが活躍する本

ネコ好きの方たくさんいらっしゃいますよね!だからかもしれませんが、英語多読をしているとネコが活躍するお話によく出会います。今日はそんなお話を集めてみました。ネコ好きの方も、そうでもないけど面白いお話は大好き、という方も、いかがでしょうか。 …

英語多読 子供の頃好きだった本を英語で読む

世界中がコロナで大変な状況ですね。マズルカも唯一自分にできること、Stay Homeに努めたいと思います。。 こんな時は、心があったかくなったり、気持ちが軽くなる本を読みたいですね。というわけで、今回は“子供の頃大好きだった本を英語で読んでみよう”が…

英語多読 日本の本を英語で読む

コロナのため、なかなか普通の生活を続けるのが難しくなっていますね。皆さんどうぞお気をつけてお過ごしください。 自宅にいる機会が増えたので多読が進むかと思えば、そうでもないのが難しいところです。 まだ冊数をそこまでこなしていないのであくまで私…

英語多読 こころあたたまる絵本

先日はちょっとダーク、シュールな絵本をご紹介しましたので、今回はうってかわって、読むだけでほんわかするような本をご紹介したいと思います。 Library Lion YL0.8程度。ライオンのお話、と思って想像するとちょっと面喰いますよ。本が大好きでルールを守…

英語多読 ブラックユーモアがきいた絵本、ちょっとシュールな絵本

絵本というと、かわいらしかったりほっこりしたりするものが多いですが、中には、あれ、絵本なのにいいの?というくらいシュールだったり、ブラックユーモアにあふれていたりする本もあります。こういった本は大人でも(というか大人こそ)楽しめますよね!…

英語多読 Valentine‘s Dayに読む本

クリスマスやハロウィーンのように、やっぱりヴァレンタインデーにもヴァレンタインデーに関する本が読みたくなりますね!というか、多読していると本のチョイスがだんだん偏りがちになってくるので、意識的にイベントに関する本を選ぶのも多読継続の助けに…

英語多読 欧米の行事について学ぶ絵本

英語多読を続けていると、欧米の行事についての記載に遭遇することがよくあります。セントパトリックスデイ、ハローウィーンなど、言葉としては知っていますが、あまり深くはわからないイベントもたくさん。でも英語の本では知っていることを前提として書か…

おすすめ英語多読書 大人もはまる児童書 その3  Maurice Sendak

以前このブログの「絵が素敵な絵本」でもご紹介しましたMaurice Sendak、今日は彼の作品(絵だけのものを含めて)をまとめてご案内したいと思います。なんてったって、絵が美しい!のです。そのうえストーリーも素敵な作品が目白押しです。 Maurice Sendakと…

英語多読 クリスマスに読む本

クリスマスの時期に読みたくなるような、多読向きの本を集めてみました。一年中多読をしていると、やっぱりクリスマスにはクリスマスに関した本が読みたくなりますよね! Richard Scarry's Christmas Mice YL0.5程度 あのRichard Scarry作品。早起きをしたネ…