Mazurkaの英語よもやま話

地方出身で英語が専門でもなかった私ですが、現在TOEIC970点。40代に入っても少しずつTOEICスコアをアップしていけている理由。あんまり頑張りすぎない試行錯誤ぶりをご紹介します。

英語多読 ネコが活躍する本

f:id:Mazurka:20200514173117j:plain


ネコ好きの方たくさんいらっしゃいますよね!だからかもしれませんが、英語多読をしているとネコが活躍するお話によく出会います。今日はそんなお話を集めてみました。ネコ好きの方も、そうでもないけど面白いお話は大好き、という方も、いかがでしょうか。

 

The Cat in the Hat YL1程度

英語の絵本、というと必ず出会うといってもよいDr. Seussの絵本。留守番中に突然ネコがやってきてやりたい放題!リズムがよい本なので読み聞かせ向きだと思います。。

 

Cat the Cat, Who Is That? YL0.5程度

PigeonやElephant & Piggieなどのシリーズでおなじみ、Mo Willems作品。Who is that? It's a ~の繰り返しでお子さんの多読開始に向いているかも。

 

If You Give a Cat a Cupcake YL1程度

If You Give...シリーズ。もしネコにカップケーキをあげたら?風が吹いたら桶屋が儲かる、みたいにどんどんお話がつながっていって。。最後には結局一番初めに戻ってきます!お気に召したらネズミやぶたさんなど、シリーズの他の本も試してみてください。絵もかわいいですよ!

 

Moonlight: The Halloween Cat YL1程度

マズルカ大好きCynthia Rylantの作品。ハロウィーンが大好きなネコ、その名もMoonlightのお話。

 

The Cookie-store Cat YL1.5程度

こちらもCynthia Rylant作品。町のみんなに愛されるネコの穏やかな物語です。

 

Excuse Me. . . Are You a Witch? YL1.5程度

友達が欲しい黒猫。魔女なら黒猫と友達になってくれるのでは?とみんなに丁寧に問いかけます。Excuse Me. . . Are You a Witch?

 

Catwings YL3.5程度

以前もご紹介させていただきましたが、ネコちゃんの本、というとこれは外せません。翼をはやしたネコたちが大活躍する美しい絵本です。シリーズものです。

 

Dr. SeussやMo Willemsなど、多読の入り口にピッタリ、お子さんにもピッタリの本が並びました。ぜひ手に取ってみてください。ちなみにマズルカ、どっちかというと犬好きです。。