Mazurkaの英語よもやま話

地方出身で英語が専門でもなかった私ですが、現在TOEIC970点。40代に入っても少しずつTOEICスコアをアップしていけている理由。あんまり頑張りすぎない試行錯誤ぶりをご紹介します。

英語多読 Valentine‘s Dayに読む本

f:id:Mazurka:20200211095533j:plain


クリスマスやハロウィーンのように、やっぱりヴァレンタインデーにもヴァレンタインデーに関する本が読みたくなりますね!というか、多読していると本のチョイスがだんだん偏りがちになってくるので、意識的にイベントに関する本を選ぶのも多読継続の助けになるなあと近頃感じているマズルカです。

そんなこんなでヴァレンタインデーに関する本を、絵本を中心に数冊ご紹介します。

 

Little Bear's Valentine YL1程度

Minarikのlittle bear(くまくん)シリーズですが、本作品のイラストはSendakではありません。でもエミリーやふくろうなど、くまくんのお友達総出演でlittle bearファンなら楽しめること請け合いです!

 

The Bookstore Valentine YL1程度

こちらもシリーズ作品です。ゴーストストーリーばかり扱っている本屋さんのお話。本だけじゃなく、本当にゴーストも住んでるんです!(でもこわくありません)今回は、ヴァレンタインセールで忙しくなった本屋さんにお手伝いの女性がやってきます。ほんわかして大好きなシリーズです。読みやすいのでぜひ手に取ってみてください。

 

If You'll Be My Valentine YL0.5程度

Cynthia Ryant作品。“If You'll Be My Valentine, I'll~”という繰り返しで、ペットや家族に順番にMy Valentineになってくれたら自分がどう相手を愛するかを伝えます。ほっこりする素敵な絵本です。

 

Happy Valentine's Day, Dolores YL1.5程度

Doloresはお姉ちゃんとけんかしてしまいます。でもお姉ちゃんが引き出しに隠したものが気になってみてみると、かわいいカエルのネックレス!ついつい借りてしまったのですが。。

ちょっと仲たがいしてもお互いのことを思ってる、やっぱり兄弟っていいですね。

 

Happy Valentine's Day, Miss Hildy! (Step into Reading) YL2程度

Miss Hildyへ、ヴァレンタインデーのプレゼントが届きました。でも誰から?探偵Miss Hildyは推理をはじめます。ちゃんと解決(といえるかな。。)してハッピーエンド。それにしてもプレゼントがすごくて、思わず笑っちゃいます(表紙にヒントがありますよ!)。

 

日本と違って海外のヴァレンタインデーは、友達や家族など、すべての愛する人に対し思いを伝える素敵な日。意識せずに選びましたが、そんなことが伝わる作品が並びました。

こちらも意識してませんでしたが、シリーズものが多くなりました。クリスマスの時にも思ったのですが、シリーズものにはシーズンのイベントを扱ったものが多いですね。そういった本をこの機会に1冊手に取ってみて、気に入ったらそのシリーズを読んでみる、というのも多読本チョイスの幅が広がっていくよい方法かもしれません。

 

 そもそもヴァレンタインデーって?とおもった方は、下記記事でご紹介の本を読んでみてください。

mazurka.hatenablog.jp